現代の病院のオペ室には、W.C.や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設置し、オペ中に撮影するためのX線装置を用意するか、側にレントゲン撮影用の専門室を作るのが常識である。


トコトリエノールの効果の中では酸化を遅らせる作用がおそらく一番知られてはいますが、この他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりすることが確認されています。


下腹の強い痛みを起こす病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の病気などが真っ先にみられます。


もしも婦人科の血液検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が足りなくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、不十分な女性ホルモンを補充するような処置等で良くなります。


HIV(human immunodeficiency virus)を保有した精液や血液の他、腟分泌液、母乳、唾液等の様々な体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れた場合、感染する可能性が高くなるのです。

気分障害の一種であるうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、強い憂うつ感、強い倦怠感、食欲の低下、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの危険な症状が心身に現れるのです。


演奏会やライブなどの開催される会場やダンスするための広場などに設けられた大型スピーカーの隣で爆音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言っています。


期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康でも見られることがあるので珍しい病ではありませんが、例えば発作が立て続けにみられる場合は危険だといえるでしょう。
抗酸菌の結核菌は、患者がゴホゴホと咳き込むことで外気や内気に放出され、空中でフワフワと浮かんでいるのを別の人が空気と一緒に吸い込むことにより拡がります。


毎日ゴロンと横向きになったままでTVを見つめていたり、片手で頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日履いたりというような習慣は身体の上下左右の均衡を乱れさせる元凶になります。

軽い捻挫だろうと決めつけて、湿布を貼って包帯やテーピングなどで一応固定し、様子を見るよりも、応急処置を終えたらすぐ整形外科医に診察してもらうことが、快癒への近道になるでしょう。
学校や幼稚園のような集団行動をするに当たって、花粉症のせいで他のみんなと一緒に明るく活動できないのは、患者である子どもにとってもさみしいことです。


脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂の分泌異常が要因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の原因として男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れ、リボフラビンなどビタミンB群の枯渇等が関わっています。
「とにかく時間がない」「気を遣ういろんな人間関係がすごく嫌だ」「先端テクノロジーや情報の進歩に追いつくのが大変」など、ストレスがのしかかる誘因は人によって異なるようです。
クシャミ、鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛んでいる量に追従して悪化してしまうという性質があるということです。

人間の耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分かれていますが、この中耳にばい菌やウィルスなどがくっ付いて発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる病が中耳炎というわけです。


音楽の公演の場内や踊るための広場などに備えられている巨大なスピーカーのすぐ脇で大きな音を聞き続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼んでいます。


グラスファイバーで作製されたギプスは、ダメージに強くて軽量で持ちが良く、濡らしてしまっても壊れずに使用できるというメリットがあるため、現在の日本のギプスの王道なのは間違いありません。


一旦歯の表面を保護しているエナメル質を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、多分炎症が落ち着いたとしても、エナメル質が元の量に復元されるようなことはまずありません。
ハーバード大学医学部の調査結果によれば、1日あたり2~3杯はノンカフェインコーヒーを飲むと、なんと直腸癌の発症率を約5割も減少させることができたのだ。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常により出る湿疹で、分泌が異常をきたす因子としてアンドロゲンと女性ホルモンの不均衡やビタミンB群の不足等が関わっています。
ダイエット目的で1日の総カロリーを控える、食事を飛ばす、こういった食生活がひいては必要な栄養までもを不足させ、四肢の冷えを誘発していることは、しょっちゅう問題視されています。


流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適した予防するための方法や医師による処置等必須とされる対処策は、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでもほとんど変わらないのです。
チェルノブイリ原発事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果において、成人に比べて若い子どものほうが風に流されてきた放射能の悪影響をより受容しやすいことが見て取れます。


AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染や癌等を併発する病状のことを指しているのです。

花粉症というものは、山林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの様々な植物の花粉が元凶となり、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気として認識されています。


3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する人体に対する有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の機能性を促進する働きが認識されています。


暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、遺伝、日々のストレス、高齢化といった多様な原因が融合すると、インスリン分泌が減少したり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病します。


塩分と脂肪の大量摂取を避けた上で運動に励むだけでなく、ストレスの多すぎない暮らしを続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を未然に防止する方法です。
常在細菌であるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素の極めて強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と一方は毒素の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種になっています。

収縮期血圧140以上の高血圧がある程度続くと、血管に重い負担がのしかかり、頭頂からつま先に至るまであちらこちらの血管に障害が発生して、合併症を起こす確率が高くなると言われています。


侮ってはいけないインフルエンザに適した予防術や治療法も含めた基本の対策自体は、季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでも同じなのです。
近年患者数が増加している花粉症とは、多く植えられているスギや檜、松、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状を主訴とする病気として日本人に定着しています。


気が付くといつもゴロンと横向きになってテレビを見つめていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日のように履くといった癖や習慣は体の上下左右の均衡が崩れる大きな原因になります。
めまいが起こらず、不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何度も発症する症例の事を区別して「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と呼ぶようなケースがあることは意外と知られていません。

ジェネリック医薬品というものは新薬の特許切れの後に発売され、まったく同一の成分で金銭的な自己負担が少ない(代金が高くない)後発医薬品のことをいいます。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の隙間にある緩衝材のような役割を持っている椎間板という名前の柔らかくて円い形をした組織がはみ出た様子を示しています。


チェルノブイリ原発の事故の被害者の追跡調査のデータでは、大人に比べると体の小さな未成年のほうが漏れてしまった放射能の良くない影響を受けやすくなっていることが判明しています。
毎日の折り目正しい生活の保持、腹八分目の実践、正しいスポーツ等、アナログとも思える健康についての意識が老化対策にも関係しているといえます。


衝突事故や山での転落など、かなり大きな外力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折がもたらされたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、他の内臓が損壊してしまうこともよくあります。

メタボであるとは言われなかったとしても、臓器に脂肪が付着してしまう種類の悪い体重過多を抱えることに縁って、辛い生活習慣病を発症しやすくなります。
脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が「脳動脈りゅう」という脳の血管にできた不要な瘤(コブ)が裂けてしまうことが原因となってなってしまう深刻な病気として認識されるようになりました。


よく耳にする心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が細くなって、血液の流れが止まり、大切な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞が死ぬ大変深刻な病気です。
はりを体に刺してもらう、という直接的な幾多の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと称される要は電気信号の伝達を招くと言われているようです。


フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓から分泌される解毒酵素の正常な産出を支えているのではないかという事実が判明しました。